埼玉ムーミン谷に行ったら少年に出会った話

先月の終わりらへんだったかな。

昼間に表参道歩いていたら、
隣のサラリーマンが汗ダラダラで
「もぅやだ
とつぶやいていました。

その時はこんなんで
弱音吐いていたら
この東京砂漠は
5
分ともたないぞって
思っていたけど、
8月に最高気温が37度を
超えた日あったじゃん。

あの日僕も汗ダラッダラで
無意識に呟いたセリフが
『北欧行きてぇ
だったからね。

灼熱地獄TOKYOから
脱出したいよ。

という訳でお盆休みに
北欧へ行ってきました。

埼玉ムーミン谷に行ったら少年に出会った話



ごめんちょっと語弊があったわ。

北欧っていうかフィンランドね。
フィンランドっていうかムーミン谷か。
ムーミン谷っていうか飯能だね。

つまりお盆は埼玉に行ってきたんだよ。


いや旅行計画を立てた当初は
フィンランドが目的地だったんだけど、
時間とか予算とか色んな都合から
どんどんテコ入れして気がついたら
埼玉にあるムーミン谷になってたの。

決定打はパスポートの期限が
6
月で切れていた事でしたね。

クリティカル大失敗。

まぁ、近い将来必ずフィンランド行って
吐くほどキシリトールガムを噛みながら
サウナに入る予定なので、
まずは肩慣らしに埼玉にある
ムーミン谷から攻略してやろうかなと。

ていうか前から気になっていたしね、
飯能のムーミン谷。

もう僕はムーミンが好きで好きで。

何人か親しい人達は僕がどれだけ
ムーミンが好きかご存知のはず。

スナフキンカッコいいとか
ミィかわいいとか
ヘムレンさんはどうかしてるとか
スニフはカンガルーだろとか
フローレンを
『ノンノン』
と呼ぶ人は世代が大体わかるけど
『スノークのおじょうさん』
と呼ぶ人は相当なマニアだよねとか
書きたいことは山ほどあるんだけど
終わりがないからここじゃ割愛します。

とにかく僕はムーミンが大好きなんです。

結果、フィンランド行きを諦めたけど
ムーミンだけは諦め切れなかったので
飯能ムーミン谷に旅行先が決定。

なんかうまく間が取れているようで
何にも取れてないよね。

飯能のムーミン谷、正確には
【トーベ・ヤンソン
あけぼの子供の森公園】
と言うんです。

最初は谷なのか森なのか混乱したけど。

そして
【子供の森】
なんて書いているから
『ははーんどうせムーミン谷も
子供騙しだろうな』
とか思っていたら
がっつり2時間以上楽しんでいました。

僕もう子供でいいや。

素敵な場所だったので、

近いうちに久し振りに写真を交えて
ムーミン谷を紹介するから
楽しみにしていてくださいね!

ちなみにそこで出会ったキャラクターで
一番僕の心を鷲掴みにしたのは
少年(小学校中学年くらい)でした。

公園内にはキノコの形をした
【キノコの家】
っていうのがあるんだけど、
その内部はちょっとした
子供向けの迷路みたいに
なっているの。

案の定僕もワクワクしながら
室内探検してました。

そして細いトンネルみたいな通路
に顔突っ込んでたらさ、
反対側から例の少年が
お化けに会ったような顔で
僕を見ながら
『いた
と呟いて逃げてったの。

いねぇよ。

つーかなんのキャラだと
思ったんだよ僕の事。

少年半泣きだったぞ。

ムーミンでそんな怖いの

モランしかいないだろ。

そしてモランは女性だ。

ほんと何と間違えたんだろう。

なーんて微笑ましいエピソードもあり
本当に充実した時間を過ごすことが
できました。

ただ唯一残念だったのは
当初の目的である
【灼熱地獄からの脱出】
が全然達成されなかった事かな。

飯能も超暑かった。
下手したら東京より暑かったよ。

本当にサウナみたいだった。

だから結果としては
【吐くほどキシリトールガムを
噛みながらサウナに入る】
という目標は半分クリア
したのかもしれない。

サンキューゴッド。

夢は願えば叶うもんだね。

だけどその願いを叶えるタイミングは
今じゃなかったよ。

暑すぎてボーっとしてたもん。

そして朦朧とした意識の中で

ムーミンとスナフキンが
川で釣りをしている幻覚が
見えたもん。

だからみんなも、もしムーミン谷に行って
そんな幻覚を見たら熱中症のサインだから。

もしくは岸田今日子さんの

幻聴が聴こえてきたら
確実に『ノンノン』世代だから。


よろしく。