虫からモテまくってる話

今日は8月30日。

もうすぐ9月だね。

9月と言えば秋。

食べ物とか
紅葉とか
空の色とか
秋の要素って沢山あると思うけど、
僕のところには
【虫】
の要素が主に来てます。

あれか。

これが俗に言う
【小さい秋】
ていうヤツか。

小さい秋見つけたって言うか
最近は向こうからグイグイ来てんだけど
何これ。


虫からモテまくってる話



まず最初に小さい秋と接触したのは日曜日。

リュックのパーツだと思ってたモノが
電車の中で突然ピョーンって跳ねてさ。

小さいバッタでした。

『お前バッタだったの!?』
って言ったよね。

そりゃビックリし過ぎて昆虫と話すよ。
(今年2度目)

僕は一日中このバッタと過ごしてたのか。

電車に乗ってた時も
ご飯食べてる時も
横浜のイベントレッスンの時も
ずーっとコイツと一緒だったんだ。

そうだ!
横浜のイベントレッスン、
おかげ様で大盛況で終了しました。

本当にお疲れ様&ありがとうございました!

あんなマニアックな内容なのに
神奈川/東京/千葉/埼玉と色んな所から
47
名も参加して下さいましたよ。

でも正確には
47+1匹(from 草むら)】
だったんですね。

やったぜ種の壁を超えた魅力。
昆虫界でも人気のダンサーになったよ。


そして火曜。

この日の夜はどこ行っても鈴虫鳴いててさ。

最初は
『今年は大量発生したのかなー』
なんてて思ってたんだけど、
コンビニに入っても鈴虫の鳴き声がするの。

明らかに僕の後ろから、ていうか背中から。

やっぱりリュックに着いてました。

なんだよ。
オマエどこでくっついたんだよ。

ここ割と都会なのに。
草むらとか林とか歩いてないのに。

そんでなんで人の背中で
求愛行為してんだよ。

これ以上背中にコオロギが集まるのヤダよ。

しかも周りから見たら
僕が鳴いてるみたいに
なってんじゃん。

もしかして僕に対して求愛行為なのか。

だとしたら種の壁を超えた僕の魅力も
いよいよ本物だね。

まさかのモテ期到来。

ただ残念なのは、鳴いてるって事は
オスだろオマエ。
気持ちは嬉しいけど僕もオスなんだよ。


最近は昆虫界で人気なのかな、僕。