最強のサングラスコーデが生まれた話

僕はサングラスが苦手で。

だってサングラスでオシャレって
難しくない?

だけど遂に!

夏にぴったりな、そして注目度100%
最強サングラスコーデを見つけました!!

最強のサングラスコーデが生まれた話



中学生の頃、オシャレに目覚めて
初めてサングラスを買いました。

丸型で、しかも黒いレンズ部分が
上にパカって開くヤツ。

まあ、今思えば一生目覚めちゃいけない
ヤツ、確実に永眠してた方が良いタイプの
オシャレだったんだけどね。

しかしなんの間違いか、思春期ど真ん中で
僕のオシャレスピリッツ
(以下オシャスピ)が目を覚ましてしまい、
友達と遊ぶ時にはいつも
その丸サングラスを着けていました。

そして僕のアダ名が
【売人】
になった辺りで色んな事に気付き、
丸サングラスを封印したのです。

そんな中学時代の黒歴史以降、
サングラスに対して苦手意識が芽生えて
どんなに日差しがキツくても
【薄目を開けて歩く】
という裏技、というか無抵抗なスタイルで
夏を乗り越えて来たんですが、
ここ数年の日差しの強さに遂に降参。

最近は渋々サングラスをかけるように
しています。

僕の中のオシャスピが目を覚ますと
大変な事になるので、
個性とか主張してない至って普通の
サングラスをチョイス。

オシャレに自信がない時は
無難も大事なのさ。


そんでね。

こないだサングラスかけて歩いていたら
顔の前ギリギリをアゲハ蝶が横切ったの。

『うおおぉお!』
と声が出てしまいました。

蝶って間近で見ると
結構デカくて迫力あるよね。

あとあの動き。

ヒラヒラ飛んでるから
どっち行くか予測できないじゃん。

だから避けたつもりが
蝶の進路妨害しちゃうの。

向こうから人が来たから避けたら
同じ方向に動いちゃった的なヤツね。

すれ違い様に舌打ちされた気がしました。
アイツ蝶だけど。

ちょっとドキドキしましたよ。

動きの読めない虫って超怖い。

今度からは見かけた瞬間に即道譲るね。
僕人間だけど。

そんな興奮を抑えながら歩いていたら
道行く人達が何故か僕に道を譲るんですよ。

というか遠巻きに僕を見てる気がする。


はは~ん、わかったぞ。

どうやら僕もアゲハ蝶レベルまで
出世したな、と。

ついに羽化したな、と。

森山加代子さん(白い蝶のサンバ)だぞ、と。


もしくは蝶並みに
フラフラと歩いてるのかな、と。

だとしたら熱中症だな、と。


とりあえず水分補給にポカリでも買おうと
コンビニに入ったらさ、
やはり店員さんが僕を凝視するのよ。

そんなに顔色が悪いのかな。

あ。
【万里ついに羽化説】
は無しね。

『あなたに抱かれて私は蝶になる』
なら一体僕は誰に抱かれたんだって
話になるから。

そんでコンビニ内の鏡見たら
全ての謎が一気に解けました。

ビビった。

だってサングラスのフチに
あのデカいアゲハ蝶が留まってたんだよ。

こんなオシャレなサングラス見た事ねぇ。

こんな奇抜なコーディネート、
きっとファーブルでもやらない。


サングラスっつーかむしろ仮面舞踏会とか
怪しいパーティにつける
【目の部分を隠すマスク】
みたいになってんだよ。

全然無難じゃない。
目元の主張がハンパない。

サングラスだけが
【超よそ行き】
になってる(蝶だけに)

そりゃみんな道譲るわ。

つーか避けるわ。
そんで遠巻きに見るわ。

納得。


店内に大きめの蝶を
解き放つ訳にもいかないから
ゆっくり退店しました。

店員さんに無言で見送られながら。

外でゆっくりサングラスを外して
軽く振ったら、しばらく蝶は
僕の周りをヒラヒラ飛んでいました。

もしかして僕って花に似てるの?
それとも甘い蜜でも出てんのかな。

側から見たらすごくメルヘンな絵面に
なってましたね。

コンビニの前でヒゲ面が鬼の形相で
デカい蝶と戯れてるんだから。


そんなこんなで。


【降って湧いたようなオシャレコーデ】
っていうか
【貰い事故みたいなオシャレコーデ】
だったけど、
普通のサングラスだと物足りないなーとか
サングラスコーデに個性を出したい人は、
蝶(生)をフチに留まらせるといいよ。

まあ個性っつーかそれは
【蝶の個性】
なんだろうけど。

きっとインスタ映えも凄いから。
みんな蝶にしか目が行かないけど。

もしくは
『これからパーティ行くのかな』
と思われるかも。

とにかく最強のインパクトだから。


ちなみに僕は相変わらず

サングラスが苦手です。

あとデカい蝶もね。

超苦手(蝶だけに/2回目)