冷蔵庫が進化しまくってきたから修理した話

いろんなダンサーがいると思うけどさ、
ブログで冷蔵庫の記事を頻度高めに
書くダンサーは、
なかなかいないと思うんだ。

というわけで今回もウチの冷蔵子のお話。


なんかね、この数日の間に
スゴい変化してきましたよ。

変化っつーか進化か。

進化①:洗濯機に擬態
まず音が壊れた洗濯機みたいに
なってきました。

明らかに中で何か
ぶん回している音ね。

『私ねー!洗濯機なのー!!』
って洗濯機に擬態してるのかな。

その目的が謎だけど。

進化②:目覚まし機能追加(ランダム)
あとモノを冷やす以外の
新機能が追加されました!

それはズバリ
【目覚まし機能】
です!!

もうこの音がすごいの。

どんだけ深く眠っていても
一発で起きます。

事件性すら感じる音が
部屋の扉閉めてても聞こえるからね。

スマホのアラーム音とか全部
この音にすれば世の中から寝坊が
無くなるのに。

そのかわり寝起きが
最悪の気分になるけど。

そんくらいすごい。

ただこの目覚まし機能の唯一の弱点が、
時間を指定できないってところなんだよね。

僕が起きてる時に鳴るのはもちろん、
明け方の4時くらいにも
いきなり鳴り始めるからね。

お前ニワトリかよって思った。

タマゴ産むのかなって。

目覚ましとしては割と致命的かも
しれません。

改善の余地あり。

進化③:自我に目覚めそう
そして1番の進化が自我というか感情を
持ち始めてきました、冷蔵子。

IT
革命もここまで来たね。

なんつーかペットっぽくなってきたの。

最近流行りのロボペット。
ソニーのアイボなんか目じゃないよ。

僕が仕事に行こうとすると決まって
『バダダダダダッ』
と鳴き出します。

寂しいんだろうか。

犬や猫が、ご主人が出かけるときに
鳴くというのは聞いたことあるけど
冷蔵庫も鳴くんだね。

新発見。

そして僕が帰宅した時も
冷蔵子は嬉しいらしく
ハシャいだように鳴きます。

ちょっとトーン高め。

冷蔵子の調子が良いと
玄関まで聞こえてきます。

今まであんなに無口だった子が
こんなに感情表現豊かになるなんて。

このままだとこの冷蔵子も
自我を持ち始め
全世界に核ミサイルを
打ち込んだり(審判の日)、
ターミネーターを過去に送り込んで
サラ・コナーを抹殺しようとしたり
なんだかんだでT-800
『アイルビーバック』
と呟きながら
溶けた鉄に沈んだと思いきや
カリフォルニア州知事になったりと
世界の命運を左右しそうな予感
がしてきたので、
いよいよメーカーに電話して
出張修理に来てもらいました。

修理技師さんってスゴいね。

パパッと30分くらいで修理完了しました。

技師さんと
『スゴいですねー!
こんな早く直るんですね!』
『そーですよー!
割と簡単なんですよー!』
『でもお高いんでしょう?』
なんて話しながら明細みたら
本当に料金お高めでやんの。

買い換えるよりはまぁ良し、と
自分に言い聞かせました。

結果、【冷蔵子】は普通の【冷蔵庫】
に戻りました。

もうヘリの離陸音も壊れた洗濯機の音も
夜中に突然爆音が響く事も出かける時に
鳴く事もなくなりました。

帰宅しても静かです。

いつもの
『ヴゥ……
って静かなモーター音だけです。

望んでいた静寂なんだけどね、
ちょっと寂しくなってんの。

なんだコレ。

そんで冷蔵庫が直って
変わった事と言えば。

僕の冷蔵庫の扉の開け閉めが
めっちゃ短時間になった事と、
冷たいモノを取り出す時に
『冷やしてくれてありがとね』
と心の中でお礼を言うように
なりましたとさ。

ちょっといい話。