猛暑対策を自分なりに頑張ったら思い出が増えた話

今年の夏の気温がちょっと本気出し過ぎ。
つーか殺意すら感じる。

最近の太陽も親の仇かなってくらい
全力を出してきてる。

アイツ超燃えてる。
つーか復讐心に燃えてるよアイツ。

これじゃ完全に
【人類VS太陽】
状態だ。

勝てる気がしない。

猛暑対策を自分なりに頑張ったら思い出が増えた話



アツい。
つーかキツい。

家から
1歩外へ出ただけで
『うぁああっちぃぃいー』
って無意識に言っちゃうもん。

自宅から駅に歩くだけで
3歳くらい老けちゃったんじゃないか
ってほど暑い。

命の危険すら感じるよ。
『あぶなーーーーいっっっ!!!』
とか突然大声で叫びたくなる。

でも本当に叫んじゃったら周りの人から
『可哀想に。あの人壊れちゃったのね』
なんて遠巻きに見られてしまうから
ギリギリで踏みとどまってるけどね。

割と本当にギリ。


大人気ないよね太陽も。

そんな熱くならないで
落ちついて話し合おうよ。
ね、一旦座ろうか。
お茶飲む?
これ急須で淹れたかって?
あー綾鷹だよ。
大丈夫、8割の人が間違えるから。

なんて悶々と妄想しながら外を歩いてます。

ダメだ僕が大丈夫じゃないよ。
完全に暑さにやられてるわ。
手遅れ感がすげぇ。

このままじゃ夏の主な思い出が
【脳内で太陽とお茶会してた】
になってしまう。

そんな悲しい夏イヤだよ。

ていうか太陽も人間相手に
ちょっとムキになり過ぎじゃない?

太陽っつったら恒星でしょ?
かたや人間なんて哺乳類だぜ。

しかも太陽は
【太陽系】
なんて自分の名前がついちゃってる。

【太陽系の太陽】
なんて代表取締役みたいなもんだし
漫画で言えば主人公じゃん。

【アンパンマン】
でのアンパンマンだし、
【ゲゲゲの鬼太郎】
の鬼太郎、
【課長 島耕作】
なら島耕作のポジョン。

不動の人気。
絶対に勝てない。
何があっても負ける事のない存在。

それが太陽系の主人公、
【太陽】
じゃん。

しかも太陽、太陽系の全質量の内
99.9%を占めてるんだって。

ハンパねぇ。
太陽系っつーかほぼ太陽だろソレ。
太陽スケールデカすぎ。
もう惚れるくらいデケェ。
超頼り甲斐ある。

に対してこっちは人間ね。
どーも。

僕らもね、
ビジュアル系とか
ストリート系とか
家系とか
本当色々な
【〇〇系】
を生み出してきたけどね、
次元が違うよ。

太陽さんに比べると
子供のお遊戯レベルでした。

月とスッポンだよ。
相手は太陽だけど。


でもこのままだと本当にバテちゃう。

どうにか対抗手段を考えないと
今年の夏こそいよいよヤバイ。

そうだ!
人間には知恵と経験がある!
ここは先人達の偉大な知恵を借りよう!

という事で
【心頭滅却すれば火もまた涼し】
大作戦です!!

簡単に言えば気の持ちようってヤツだね。

ところが、どんなに雪山を
イメージしたところで
暑いもんは暑い。

ならば逆に考えるんだ。

暑さを消すのではなく、
この気温、温度を別のモノだと
思い込むんだ。

東京の気温が35度。

てことは平熱がちょっと低めの人に
抱きつかれてるのと同じ状態だね。

やったぜ解決。



今年の夏の主な思い出:
【脳内で体温低めの人に抱きつかれる】