マレーシア旅行記:第一話

コタキナバル空港に行くには
クアラルンプール空港で
乗り換えなんだけど、
このクアラルンプール空港が
想像以上に素敵な空港でした。

ワーすごいアレもすごいなんて
キョロキョロしてたら
見事迷子になりまして。

僕の迷子っぷりもいよいよ
世界に羽ばたきました。

ワールドワイド☆迷子。

羽ばたいたまま
帰ってこれないかと思ったよ。

マレーシア旅行記:第一話


クアラルンプール空港って
ほんと
【ザ・海外!】
って感じの空港でさ。
クアラルンプール空港2
光の取り入れ方がほんと素敵。
クアラルンプール空港
空港内の電車(?)も初めてでした。
クアラルンプール空港5
途中でテングザルのぬいぐるみを発見!
めっちゃ可愛いなオイ。

なんてキョロキョロしてたら
迷子ですよ。

飛行機の乗り換えって
本当に難易度高いよね。

僕の乗り換え能力では大宮駅がギリです。
もしくは横浜駅。

このままじゃクアラルンプール空港で
一夜を明かすのか。

絶対に避けなければ。

そんなこんなでなんとか
目的の飛行機に搭乗。
飛行機1
飛行機2
夕暮れ時の雲の上って
ロマン溢れるよね。

きっとラピュタはあの竜の巣の
中にあるに違いない。

父さんは嘘つきじゃなかったんだ。

なんて妄想を膨らませながら
コタキナバル空港に到着したのは21時。
コタキナバル空港
テングザルはこの国の
マスコットキャラなのね。
クアラルンプール空港3
空港内の軽食屋さん、
ていうかパン屋さんだなこれ。

トーストのバリエーションがすげぇ。
左上のKAYAってなんだろうか。

気になる。

空港でタクシーを拾い、
ヒルトンホテルに向かいます。

タクシーから見る街並みは
想像以上に都会でした。

道路が整備されてるし、
無茶な運転するバイクも居ない。
ホテル2
ほてる1
22時前にホテルに着きチェックイン。

部屋は11階の夜景が素敵な部屋。
ホテルやけい
窓から見えるのは取り壊される古い建物と
建築途中の新しい建物。

古い地図と新しい地図が重なる
不思議な瞬間に胸がトキメキます。

荷物を置き、街着に着替えたら
ホテル裏にある屋台ストリートへ
御飯を食べに出発。
屋台2
この日入ったのは
WELCOME SEAFOOD
というお店。

ずらっと並んだテーブルが
シンガポールを思い出すねなんか。

名前の通りシーフード専門店。
yatai4
yatai5
店内は水族館の様に水槽が並び、
そこから食材を直接選んで
調理してもらうスタイル。

注文したのは
シャコフライ
特大のシャコのフライ
ソフトシェルフライ
ソフトシェルクラブのフライ
屋台
そしてタイガービールをオーダー。
外国はビールが大瓶が出るから嬉しいね。

本当はこれにチャーハンを頼んだんだけど
写真撮る前に完食しました。

お腹が空いて空いて
もう我慢できなかったんだ。

満腹になったから腹ごなしに
周辺を散歩です。
屋台3
このココナッツのカーゴを見ると
東南アジアに来たなって感じするよね。
散歩
中央広場みたいな場所。
思ったより人が多くてびっくり。

しかし0時前だったので
ほとんどの店は閉まっていました。
屋台3
開いていたのはコンビニエンスストアと
地元の人達が集まる24時間の
ファストフード店くらい。

ファーストフード店って言っても
ケンタッキーみたいな
フライドチキンのお店ね。

深夜に揚げ物を食べるのか。

すげぇなみんな。

今度、もう少し早い時間に改めて
散策しよう。

飛行機疲れもあるし、
明日は朝早くから行動する為
早めにホテルに戻って就寝。

クアラルンプール空港に一泊しなくて
済んだことに感謝しながら。