【若干ネタバレ】ジュラシックワールド2 炎の王国がオススメって話

ジュラシックワールド2観てきたよ!!

結論から言うと
恐竜を飼いたいくらい好き、
もしくは生まれ変わったら恐竜になりたい
なんて人には超オススメだよ!!

※若干のネタバレがあるので
「映画観るから情報知りたくない!」
と言う人は映画観てから読んでくださいね。


【ジュラシックワールド 炎の王国】
レイトショーで観てきました。

いろんなサイトでネタバレ書かれてるから
ここではいつも通りのスタンスで書いていくよー!

【若干ネタバレ】ジュラシックワールド2 炎の王国がオススメって話


恐竜に胸キュン


今回恐竜たち、基本的に愛おしいです。
特にブルー(ヴェロキラプトル)が超可愛い。

過去のブルーとオーウェンが信頼関係を
築くシーンが出てくるんだけど、
これ見て初めて
『うわ恐竜飼いたいわ』
って感じました。

本当にため息出たもん。

何でオーウェンがブルーや
他ヴェロキラプトルに対して
あんなに愛情を持っていたのか納得。

前作でもオーウェンは
『俺のラプトル』
的な発言をしていて、
何も知らなかった、と言うか
Tレックス派だった僕は
『おいおいラプトルフェチかよオーウェン』
と思っていました。

でもこの映画観終わって僕もすっかり
ラプトルフェチです。

ブルー可愛いよブルー。

次点で可愛いのは
トリケラトプス(子供)でした。

ちょっとしか出ないけど。

恐竜がカッコいい


今回ブルーが超カッコいいです。

前作であっさり人間を裏切った事なんて
帳消しにするくらいカッコいい。

戦闘シーンでも
アンパンマンショーで
応援する子供みたいに
『ブルーがんばれーー!!』
って何度か言いそうになったよ。

薄暗いシーンで戦うから
3Dだと目が疲れちゃうかも。

あとブルー、ダイハードのブルースウィリスみたいな
アクションするシーンがあります。

『うそーん』
と思ったけど、やっぱカッコいいです。

ブルーは僕の中の
【応援したい恐竜2018】
で見事トップに輝きました。

あ、Tレックス先輩は応援しなくても
王者ですから。

やっぱりハラハラする


前作のような
【沢山の恐竜から逃げ惑う人々】
のパニックムービーや
【巨大恐竜同士の大迫力バトル】
のアクションムービーも
娯楽映画としては楽しいけど、
ジュラシックはやっぱり
【逃げる】
【隠れる】
【室内】
の三拍子が一番ハラハラドキドキするよね。

そして今作はその三拍子が揃っていて
『そうだよこれだよ!』
と心の中でガッツポーズしてました。

逃げ場のない通路で恐竜に追われるって
すげー怖いね。

超ハラハラしました。

あと基本恐竜ってツルツルしてる
フローリング苦手だよね。

皆んなも恐竜に襲われたら
フローリングエリアに逃げ込みましょう。

これ豆知識ね。

テーマが結構切ない


あと今回はテーマが重いです。

ここ詳しく書くと本当にネタバレになるから
やめておくけど,
命の尊さとか人間の身勝手さとか
今までのシリーズとは違ったテーマが含まれていました。

特にペットを飼っていたり、動物が好きな人なんかは
結構モヤモヤと葛藤すると思います。

これも今までのシリーズにはあまり無かったよね。

と言う事で


個人的には今回の
【ジュラシックワールド2 炎の王国】
結構満足しました。

娯楽映画としてはやはり完成度も高くて
オススメです。

ただ、従来のジュラシックシリーズのノリで観に行くと
『なんか違うんだよなぁ』
となるかもしれません。

別の恐竜映画だと割り切っちゃって
観るとすごい楽しめるけどね。

というか今作見終わった時に
『あー別の映画になっちゃうんだ』
と感じました。

次に繋がる伏線バリバリ張っていたし。

まぁ次回作も観に行くんだけど。


ブルーすげー可愛かったなぁ。
ラプトルファンになったよ。

恐竜に感情移入したの初めてだ。

もし生まれ変わるなら僕も
ヴェロキラプトルがいいなぁ。

次回もブルー活躍してくれるといいなぁ。

では。