タコせんから人生勉強をした話

こないだ無性にみりん煎餅が
食べたくなってさ。

僕はお菓子の袋を開けると
食べ切っちゃうタイプだから
1
枚だけを少しづつ食べようと
スーパーで買ってきたんです。

もうワクワクしながら家で食べたら
なんか味が薄いっていうか物足りない。

あれ?みりん煎餅ってこんなんだっけ?
記憶の中で美化していたのかな?

そう思ってお菓子の袋を確認したら
【タコせんべい】
って書いてあるの。

なにそれ。
タコって。

タコせんから人生勉強をした話



調べたらタコ焼き挟む用の煎餅なのね。

って事で今度はタコ焼きを挟んだ
タコせんが無性に食べたくなって
速攻でタコ焼き買ってきました。

本当はクルクルと自分で焼きたかったけど
時間短縮の為にレンジでチンするタイプ。

コレで完璧。
儀式(オヤツ)の準備は整った。

レンジでタコ焼きを温め、タコせんの上へ。
ソースとマヨネーズをかけたら
上に揚げ玉をまぶし煎餅を二つ折りにして
タコ焼きを押しつぶし気味に挟む。

よし。
見た目はGoogle検索で見た写真と同じ。

しかし問題は味だ。
タコ焼きを煎餅で挟んだ程度で
この僕が満足できるのか?

このダンス界きっての
グルメ野郎こと僕が。

恐る恐る食べてビックリ。
すげぇ美味いの。
大満足。

大満足っていうかミシュランガイドブック
2019年度版)に載る可能性すら感じた。

近い内にミシュランの調査員が
我が家に来るんじゃないの!?

OHTAKO-SEN!!
とか言っちゃってビブグルマン
とっちゃうんじゃないの!?
もしくはぐるナビ。

そんくらい美味い。

皆んなタコせんがこんなに美味いって
知ってた?
コレ全国区で流行っていいレベルじゃない?
それとも流行るの嫌で内緒にしてた?

もう神の作りし食べ物だろコレ。

て事は神は関西地方にいたのか。
サンキューゴッド。

パリパリの煎餅とタコ焼きの
モッチリした食感のコントラスト。

たまに顔を出す
サクサクの歯ごたえは天カス。
うーん名脇役。

しかし特筆すべきはやはりタコせんべい。

タコせんべいの余計な主張が無いのは
他者を尊重し、調和を取る事で
より良い結果を出すため。

いわばチームでの勝利のためだったんだ。

ワンフォーオール。
オールフォーワン。

タコせんべいは物足りないんじゃない。
これで完成されていたんだ。

確かに単独では物足りないかもしれない。

いつもソックリな
【みりん煎餅】
と比較され
『なんか物足りないよね』
と言われ続けてきたかもしれない。

僕だってそんな浅はかな判断をした1人だ。

しかしその
【物足りない】
こそが彼の一番の個性だったんだ。

1
人でいる時は欠点に感じても、
それを補い合える仲間と出会った時には
それが強みになる。

個性を無理して変える必要は無い。

その個性を活かせる場所を、役割を、
何より仲間を見つけることの方が
何倍も重要なんだ。

それはお菓子に限らず
きっと僕らダンサーにも、
いや、もっと広く僕ら人間にも
当てはまるんじゃないか。

僕達は完璧を求めるあまり欠点を
無くすことばかり考えてしまうが、
その欠点も自分の立派な個性なんだ。

自分にとってはコンプレックスでも
それを必要とする人や場面は必ずあるんだ。

強くなる事ばかり考えていないか。
競う事ばかり考えていないか。
自分が主役になる事ばかり考えていないか。

競い合い、切磋琢磨する事も大切だが
相手を尊重し、協力し合う事でより大きな
成果を得ることも出来るんじゃないのか。

真の
【強さ】
とは完全無欠を言うんじゃない。

自分の欠点を受け入れ、強みに変えられる
事を言うんじゃないのか。

そう、このタコせんべいのようにっ!!


話がヒートアップしてきたので
僕が何を伝えたいかまとめるとね。

1
枚だけのつもりがタコせん
全部食べちゃったんだ。

最後の方はタコ焼き無くなったから煎餅に
ソースとマヨネーズつけて食べてました。

タコ焼き無くても超美味ぇ。

でもこのタコせんはオヤツではなく
人生勉強だったのでカロリーゼロで
お願いします。


あぁ。

僕の意志の弱さも活かせる仲間と
場所がどこかにあるはず。

もしも心当たりがあればご一報を。