ハウスダンス(HOUSE DANCE) 上級ステップ練習動画【P-2(オリジナルステップ)やり方】

ハウスダンス P-2(オリジナルステップ)のコツを動画でわかりやすく説明します
ハウスダンス 上級ステップ練習動画【P-2(オリジナルステップ)のやり方】
動画

ステップ①:右足を前に蹴り出す

ステップ②:右足を着地させると同時に
左足を上げる

ステップ③:身体を捻りながら
後方に軽く跳ねて左足で着地

ステップ④:右足を前に踏む

ステップ⑤:左足を踏み直し
左ツマ先を前に向ける

ステップ⑥:右カカトを床に当てる

ステップ⑦:右足を軽く引く


左右繰り返し

ステップ名:P-2(オリジナルステップ)

中級ステップのピーターポールと
同じく中級ステップのルーズレッグを
僕がミックスアップさせループ化した
オリジナルステップ。

ポイントはステップ③で後ろに下がった
力をうねりに変えてステップ④へと
繋げる事です。

名前の由来は、元々このコンビは
【ピーターポール】+【2ステップ】
だったから。

お互いのステップ名の頭文字を取って
P-2
という訳です。

わっかりやすーい。

だけども、それだとリズムパターンが
単調で観客ウケが良くなかったので
2
ステップをルーズレッグに変えてみたら
ブレイクビーツやブロークンビーツ、
2ステップガラージといった
ショーケース映えするリズムパターンに
ハメる事が可能になり、最終的に
この形に落ち着きました。

というかこっちの方が何より
踊ってて気持ち良くて。

ちなみにここで言う
2ステップガラージ】
とは90年代に流行した
ヨーロッパサウンドの名称です。

1小節中にリズムの重いノリが
2
ヶ所以上あるジャンルの為、
2ステップ】と呼ばれます。

2
ステップガラージの
有名なアーティストだと
クレイグ・ディビッド、
日本人アーティストだと平井堅の
Kiss of Life
が有名ですね。

だけども個人的には
モンドグロッソがリリースした
LIFE
2ステップバージョンが至高。

是非聴いて。

ハウスダンスのシャッフルやチェイスの様な
【ドン・ドン・ダッ】
といったリズムパターンが好きなんだけど
そればっかりだと単調だから
ちょっと変化が欲しいよなーなんて感じてた
ワガママなダンサー向けのステップ。

アメリカで生まれたハウスダンスの
ピーターポールと2ステップが
日本という極東の島国の少年により
ヨーロッパサウンドにバッチリハマるように
ミックスアップされたのがこのP-2

こういうのって、ステップのDNA
時代も国も年齢も超えて脈々と
引き継がれている感じがして
ロマン溢れるよね。

YouTubeやレッスンを通して
このDNAをより多くの人達が
引き継いでくれることを願って。

ここまで読んでくださって
ありがとうございます!!

SNSシェアボタンを設置しました!

ハウスダンス人口をもっともっと
増やしていくためにも、
是非シェアのご協力をお願いします!

皆んなでハウスカルチャーを
盛り上げて行きましょう!!