ハウスダンス振り付けレクチャー動画 【チームフォーメーション向け】初級編 PART 3


HOUSEDANCE CHOREOGRAPHY
CHOREOGRAPHY PART3
ではVol.64
紹介したターンを使った、8カウントの
シンプルな振り付けです。

ハウスダンス振り付けレクチャー動画 【チームフォーメーション向け】初級編 PART 3



【動画】

今回は細かい表のリズム(ビート)のみを

使っているので、誰でも覚え易くて
踊り易いはず。

リズムが単調なので重めのビートの曲
(ディープハウス・テックハウス等)
で合わせると雰囲気が出ますね。

ただ、やはり大きいリズムだけの動きだと
ショーが単調になりがちなので、
このルーティンの直後は細かいリズムの
動きを入れて緩急をつけた展開にするのが
理想的です。

チームでこのルーティンを使う場合は
全員同じ向きで踊るだけでなく、
・全員で向き合って踊る
・全員で外に向いて踊る
・円陣で真ん中に向かい合って踊る
・円陣で外に向かい合って踊る
など様々なバリエーションで
フォーメーションを展開させる事が
可能なので、構成では結構重宝します。

STEP8
の足を払う動作(サイドスイング)
の後にクロスローズのロングを使えば
大きく移動する事が出来るので
広いステージなどでも活用できますね。

特に難所というのはありませんが、
あえてポイントを挙げるなら
STEP5
6です。

Vol.64
で紹介したシンプルなターンを
ここで使うので、練習した事を
思い出しながら落ち着いて踊れるように
しましょう!

ここまで読んでくださって
ありがとうございます!!

SNSシェアボタンを設置しました!

ハウスダンス人口をもっともっと
増やしていくためにも、
是非シェアのご協力をお願いします!

皆んなでハウスカルチャーを
盛り上げて行きましょう!!