ハウスダンス(HOUSE DANCE) 上級ステップ練習動画【フローティングのやり方】

ハウスダンス フローティングのコツを動画でわかりやすく説明します

ハウスダンス(HOUSE DANCE) 上級ステップ練習動画【フローティングのやり方】

動画

ステップ①:左のカカトを軸に外へピポットさせると同時に、右足を前に出す

ステップ②:左足のツマ先を軸に外側へピポットさせる

ステップ③:右足のカカトをその場で床に当てる

ステップ④:右足を下ろす


左右繰り返し

ステップ名:フローティング


足が浮いて流れているようなので
FLOATING(浮いている/流動的な)です。

本来ルーズレッグなどの体の向きを変えるステップに慣れてくると
自然に踏めるようになる動きなので特定の名称は無かったのですが、
コレを応用させると様々なステップが踏めるため
便宜上【フローティング】と名前をつました。


ハウスダンサーの中では無意識に踏んでいる人も
少なくありません。



ポイントは足の動きを目立たせる為にも
上半身のバウンスや揺れを抑える事です。


もし上半身も大きく動いてしまったら、
ただ暴れているように見えてしまうので

注意してください。

世界一解り易いハウスダンス【HOW TO HOUSE DANCE】シリーズ



都内中心に毎週450名以上の参加者に
レクチャーしている現役インストラクター、
万里によるハウスダンス動画。

基礎から応用まで、様々な種類のステップを
名前と共に初心者にもわかりやすい動画で
紹介していきます。

ここで紹介したダンス動画と紹介は
あくまで基本の型です。

より細かい説明、
幅広い応用は実際のレッスンで
レクチャーしています。

『どうしてもうまく踏めない!』
『振付を楽しみたい!』
『かっこよく踊りたい!!』


という方は、ぜひレッスンにもご参加ください!!

レッスンスケジュール