ハウスダンス振り付けレクチャー動画 【疾走感ソロ向け】中級編 PART5

HOUSEDANCE CHOREOGRAPHY
CHOREOGRAPHY PART5
では
・ルーズレッグ
・シャッフル
・パウワウ
・ピーターポール(チェイス)
を繋げて振りを完成させます。

8
カウントに中級ステップてんこ盛り。
お子様ランチのプレートみたいだね。

ハウスダンス振り付けレクチャー動画 【疾走感ソロ向け】中級編 PART5



細かく分けると
ステップ14【ルーズレッグ】
ステップ57【シャッフル】
ステップ8【ノック】
ステップ912【パウワウ】
ステップ1315【ピーターポール】
ステップ16【ノック】
って感じです。

この振りはPART4同様に
細かいリズムを刻み続けますが、
PART4
に比べるとそれぞれの
ステップの強さに緩急があるので
ラテンハウスやジャッキングハウス等
細かいリズムでグルーブ感の強い曲と
相性が良いですね。

速いテンポの音楽に合わせる場合、
ステップ3でフローティングを入れた方が
効率よくダンスできます。

また、ステップ816のノック
(つま先を床に当てる動作)
をタメに置き換える事で動きに緩急が生まれ、
よりグルーヴ感を強調して見せることが可能です。