ハウスダンス(HOUSE DANCE) 上級ステップ練習動画【ヒールトゥー(ヒップホップスタイル)のやり方】

ハウスダンス ヒールトゥー(ヒップホップスタイル)のコツを動画でわかりやすく説明します

ハウスダンス(HOUSE DANCE) 上級ステップ練習動画【ヒールトゥー(ヒップホップスタイル)のやり方】

動画

ステップ①:右足のカカトを軸にツマ先を外へ回すと同時に左足を右足の後ろにしまう

ステップ②:右足を床から浮かせると同時にカカトの下から左足を通す

左右繰り返し

ステップ名:ヒールトゥー(ヒップホップスタイル)


元々はレゲェのステップだったのが
ヒップホップに取り入れられて
変化していったヒールトゥー。


ハウスダンスに取り入れられた
ハウスバージョンのヒールトゥーもあるのですが、

僕はこっちのステップ(ヒップホップスタイル)
の方が好きなので今回はこちらを紹介します。


日本でも昔、NYのカリスマダンスチームである
ELITE FORCELINKがハウスミュージックに
合わせて踊ってからハウスダンサー
(特にマニア)の間で流行りました。


ヒップホップスタイルのヒールトゥーは
【足元の動きの細かさ】

【上半身の安定感】
のコントラストが最高にカッコいいステップです。


くれぐれも暴れてしまわないように
力加減をコントロールしてください。


かなりテクニカルな動きですが
このステップで見せたい部分が
【足首から下】
とかなり狭い範囲のため、
上半身を同時に大きく動かすと
何を見せたいか解らなくなり
逆にインパクトが薄くなってしまいます。


このステップは踊る時の姿勢がとにかく重要です。

もし体幹がグラついてたり
頭がうつむき過ぎてると
股関節の可動域が狭まり、
うまくピポットが出来なくなるので
注意してください。


特にこのステップは慣れるまで
無意識に腕が上がったり
飛び跳ねたりしがちなので、

まずは焦らず踊れるように
ゆっくりなテンポの曲で
少しづつ動きに慣れていくことを

オススメします。

やはり最初はハウスミュージックよりも
ヒップホップやレゲェミュージックの方が

練習に向いているでしょう。


世界一解り易いハウスダンス【HOW TO HOUSE DANCE】シリーズ



都内中心に毎週450名以上の参加者に
レクチャーしている現役インストラクター、
万里によるハウスダンス動画。

基礎から応用まで、様々な種類のステップを
名前と共に初心者にもわかりやすい動画で
紹介していきます。

ここで紹介したダンス動画と紹介は
あくまで基本の型です。

より細かい説明、
幅広い応用は実際のレッスンで
レクチャーしています。

『どうしてもうまく踏めない!』
『振付を楽しみたい!』
『かっこよく踊りたい!!』


という方は、ぜひレッスンにもご参加ください!!

レッスンスケジュール