ハウスダンス(HOUSE DANCE) 上級ステップ練習動画【ドルフィン ダブル(飛びシャチ)のやり方】

ハウスダンス 飛びシャチのコツを動画でわかりやすく説明します。

ハウスダンス(HOUSE DANCE) 上級ステップ練習動画【ドルフィン ダブル(飛びシャチ)のやり方】

動画

ステップ①
通常のドルフィンを終わらす。

ステップ②
腕で上体を起こすとともに
右足を腰の下に入れる。

この右足がステップ②で
ジャッキの要領で体を持ち上げる。


ステップ③
左足を引き上げると同時に右膝を伸ばす。
更に上半身の高さを出したければ肘も引く
(危険度が上がるため動きに慣れてきてから)
このタイミングがズレると高さが出ない。

また、できるだけ空中で体勢を水平に近づけた方が
滞空時間を長く見せることができる。


ステップ④(重要)
最高点で足を左右入れ替える。
最高点より前、もしくは落下中に入れ替えてしまうと
どんなに高く飛んでも低く見えてしまう。

同じタイミングで腕を伸ばせば
必ず手が先に床へ着くので
アゴをぶつける危険と恐怖心を減らせる。

この時身体が垂直(逆立ち状態)に近い程、
手首への負担が高くなるので注意。

ステップ⑤
通常のドルフィン同様に行う。
最後は右足を床スレスレに外へ開く事で
落ちてくる勢いを逃す事ができる。
そのまま垂直に落とすと、右足の膝や
ツマ先を床に打ち付けて
痛めてしまうので気をつける。

ステップ名:ドルフィン ダブル(飛びシャチ)


ドルフィン(シャチ)の中でも
最も使われるアレンジが

ダブル(飛びシャチ)です。

基本的なフロアー技ですが
高さが出せれば結構観客を
沸かせることもできます。


技の繋ぎやコンビネーションの締め、
音ハメなどによく使われますね。


今回の飛びシャチで1番重要なのは
ステップ④の部分です。


これをスムーズに行う為にも、まず
【倒立ドルフィン】
がスムーズにできるようにしておきましょう。

万が一に備え、膝パッド、肘パッドの
サポーターも忘れないように。


床から体が完全に離れる技なので
最初は怖いと思います。


飛ぶ高さを低くから練習し、
慣れてきたら徐々に高さを出していきましょう。

世界一解り易いハウスダンス【HOW TO HOUSE DANCE】シリーズ



都内中心に毎週450名以上の参加者に
レクチャーしている現役インストラクター、
万里によるハウスダンス動画。

基礎から応用まで、様々な種類のステップを
名前と共に初心者にもわかりやすい動画で
紹介していきます。

ここで紹介したダンス動画と紹介は
あくまで基本の型です。

より細かい説明、
幅広い応用は実際のレッスンで
レクチャーしています。

『どうしてもうまく踏めない!』
『振付を楽しみたい!』
『かっこよく踊りたい!!』


という方は、ぜひレッスンにもご参加ください!!

レッスンスケジュール