ハウスダンス(HOUSE DANCE) 中級ステップ練習動画【 ニードロップのやり方】

ハウスダンス ニードロップのコツを動画でわかりやすく説明します

ハウスダンス(HOUSE DANCE) 中級ステップ練習動画【 ニードロップのやり方】

動画

ステップ①:
右足の甲を左膝の少し下に当てる

ステップ②:
左方向に倒れ、ツマ先から着地する

ステップ③:
左手を床につける

ステップ名:ニードロップ



ドルフィンと同じくらいハウスダンスでは
メジャーなフロアムーブ、それがこの
KNEE DROP
(ニードロップ)です。

ここからドルフィンに繋いだり
右ツマ先上体と流れるように
倒したりと、フロアムーブに入る
キッカケとしてよく使われます。

他ステップと相性がよく、
立ちの状態からストレスなく床に入れるため
ハウスダンスに限らずブレイキン、ビバップ、
ヒップホップやロックダンスなどでも
よく使われます。

本当に使い勝手が良いので
腰や膝に不安がなければ
是非マスターしたいですね。


このニードロップで1番のポイントは
ステップ②です。

KNEE DROP
って言うけど
決して膝から落ちないで下さい。

確実にお皿が割れます。

左膝をガードするように
必ず右ツマ先から着地しましょう。

また、横方向に倒れるという意識も
決して忘れないように。

前方に倒れると右足で左膝を
ガードしきれなくて
直接床に膝を打ち付けてしまいます。

横に流れた勢いを左手でうまく殺さないと
腰を打つ場合があるので、慣れるまでは
左手の着地をきちんと行いましょう。

このニードロップを綺麗に使うダンサーは
E-JOE
BROOKLYN-TERRY
あたりが有名です。

しかし僕らの世代で1番有名なのは
確実にTRFSAMさんでしょう。

テレビ番組でよく披露していて、
当時はテレビの前で多くの
ダンサー予備軍が真似をし、
そしてヒザを痛めていました。

初めの内は膝サポーターを使い、
安全第一で練習しましょうね。

世界一解り易いハウスダンス【HOW TO HOUSE DANCE】シリーズ


都内中心に毎週450名以上の参加者に
レクチャーしている現役インストラクター、
万里によるハウスダンス動画。

基礎から応用まで、様々な種類のステップを
名前と共に初心者にもわかりやすい動画で
紹介していきます。


ここまで読んでくださって
ありがとうございます!!

SNSシェアボタンを設置しました!

ハウスダンス人口をもっともっと
増やしていくためにも、
是非シェアのご協力をお願いします!

皆んなでハウスカルチャーを
盛り上げて行きましょう!!