ハウスダンスで絶対ウケる鉄板選曲!【動画あり】

ハウスダンスの選曲で
悩んでる人必見!
音ハメのしやすい曲を中心に、
プロのハウスダンサーが実際の
ショーで観客ウケが良かった曲を
紹介します!

ハウスダンスで絶対ウケる鉄板選曲!【動画あり】


『ハウスダンスのショーは
どんな曲がいいの?』
『ハウスダンスの練習曲は?』
というダンサーの悩みだけでなく、
『ハウスダンスのレッスンって
どんな曲がいいの?』
『ハウスのDJする時って
何かけたらいいの?』
なんて参加者やフロアーを盛り上げる
ための選曲を紹介!!!


【タイコに音ハメ!】


Master's at Work (feat. Luis Salinas) - Pienso En Ti



マスターズ アット ワークの名曲。

ハウスカルチャーでは有名なのに
なかなか曲名が出てこなくて
いつも皆んなをモヤモヤさせてる一曲。

この曲がかかった時に
『好きなんだよね、ピエンソ・エン・ティ』
とかサラッと言えると
コイツやるなって思われます。

タメと疾走感、爽やかさと切なさ、
ビートの硬さとギターの柔らかさ等、
対照的な要素を多く含んでいるのが特徴。

ステップのスピードや大きさの緩急で
魅せる曲ですね。

曲の入りからもう雰囲気満点です。

特に序盤のビートのみのパートは
音ハメしやすく、どの音に合わせているのか
伝わり易いのでショーでも
よく使われますね。

太鼓の音にバッチリ合わせると
結構観客ウケするのでおススメ。

それ以降の部分は大きな盛り上がりが
無く単調なためショーには
使いにくいですが、
逆に踊りやすいので
クラブタイムやミックスでは
かなり重宝します。

ちなみに
【ピエンソ・エン・ティ】
とはスペイン語で
『あなたを想う』
とか
『あなたが頭から離れないの』
的な意味。

同じスペイン語でストレートに
『愛してる』といった意味の
【テ・キエロ】

【テ・アーモ】
よりもちょっと遠回しで
ちょっと切ない表現なので
僕は大好きです。

題名の意味がわかると、
ボーカルの胸が締め付けられるような
歌声にも納得。

ギターもあの娘のことを思いながら
月に向かい窓辺で弾いてるはず(偏見)

だからガシガシと力一杯踊るよりも
肩の力を抜いてリラックスした状態で
踊った方が曲に入り込めます。

出来れば誰かを想いながら踊ってみると
さらに曲の雰囲気を表現しやすいかも
しれません。

想いをステップに載せるなんて
ロマンチックじゃない?

【サックスに音ハメ!】


SAX@ARENA / DAISHI DANCE × SHINJI TAKEDA


ダイシダンスと武田真治の
スーパーコラボレーション。

ただ今【筋肉体操】で人気の武田真治の
サックスが炸裂する名曲。

俳優やタレントの彼しか知らないと
こんなパワフルなサウンド出せるの
ちょっと意外に感じるかも知れません。

ディープハウスやジャッキングハウスの
様なマニアックな雰囲気ではなく、
どちらかと言うとポップで
エネルギッシュな雰囲気が漂います。

そのため深夜のクラブイベントよりは
昼間の発表会の方が向いてるかも
知れません。

僕がダンスで使うなら発表会のラストに
使う事が多いですね。

ハッピーエンドって感じがしてお気に入り。

ショーケースに使う場合、
【聴きやすく観客もノれる曲】
という必須条件を見事にクリアした
踊る側と観る側との一体感が強い曲です。

しかも展開が良い意味でシンプルで
解りやすいので、発表会など大人数での
振り付けを作る時も構成がかなり
作りやすいですね。

ダンスのスキルが上がってきたら、
サックスに合わせてステップを完璧に
音ハメするなんて正気の沙汰じゃない
チャレンジをしてみましょう。

ちなみに僕は【幕末高校生】の頃から
武田真治のファンです。

参考までに。

【ボーカルに音ハメ!】


Peven Everett - Stuck (Original Intro Edit)


11種類の楽器を使いこなし、
自ら歌うわ演奏するわ編曲するわ
ミックスダウンもするわと
なんでもこなす天才Peven Everett
名曲。

ハウスダンサーならトップクラスに
踊りやすくてノリやすいと感じるはず。

良い感じに肩の力が抜けたボーカルが
特徴。

このボーカルも音ハメしやすく展開が
解りやすいので、
バッチリステップを合わせる
と盛り上がります。

ただ爆発的な山場がある曲ではないから
ショーで使用するなら登場シーンや
軽いソロ回しなんかの序盤がオススメ。

僕の経験では
【細かいステップを盛り込む】
というよりは
【シンプルなSTOP &GOを行う】
の方が観客ウケが良かったです。

今ではハウスダンスの定番曲なので、
ハウスダンサーオンリーイベントで
使用すると結構湧きますね。

大きなリズムと細かいリズムの緩急で
魅せる曲なので
ある程度ハウスダンス に慣れてきたら
【抜け感】
をつかむ練習曲で使うのもアリ。



一度に沢山紹介すると
かえって何から聞けば良いか解らなくなるので
今回はここまで。

このシリーズはまた近いうちに
更新をしていきます。

楽しみにしていてくださいねー!